×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

http://mtcd.kanashibari.jp/

先日、子供が学校で書いてきたという作文を読むことがありました。文の構成がおかしかったり、使ってる接続詞が間違っていたりと修正ポイントが沢山あったのですが、どこまで指摘したら良いのか分からずに困ったのです。債務整理とはなに?って聞かれた気分!

 

先生が良いと判断した部分を、間違っている..と言ってしまうと混乱してしまいます。なのでできるだけ最もおかしいと思う点だけを指摘したのですが、このあたりの教えるさじ加減というのは慣れないと難しいものだと思ったのです。

 

私が子供の頃に何度も言われたのは、読書感想文なのにあらすじばかりを並べていくような書き方です。ある部分をピックアップして感想を述べなければいけない書き方はどうも苦手だったのです。

 

そのあたりは、文章を沢山見て経験していく必要があると思いますが、子供を勉強させるためにも、親の勉強も必要なのだと感じたのです。